久しぶりの麻雀記事で~す。

wpid-7SMG0MG



そういえば昨日は女流最強戦やってましたね。


私は休みだったので珍しく生放送を見てました。


都美ちゃんに勝ってほしかったのですが残念な結果に終わってしまいました……。




o0800116613538842246
※アイキャッチ




さてさて、今回はフリー雀荘でたまに起こる自身のテンパイを維持しなくていい状況のお話です。


そんな頻繁に起こるわけではないですがこれを知っているのと知らないのではトップで終われた半荘も2着になってしまう可能性があります。




南1局 東家
東家 45000 南家 28000 西家 26500 北家 500

例えばこんな点棒状況で西家からリーチが入ったとします。

この時点で自身が親でテンパイしていたとしても現物以外の牌は1牌も打たずに降りることが絶対いいです。

理由としては 3000 6000 ツモまでなら着順が変わらない。

フリー雀荘には飛びのルールがあるので西家がツモれば終了。

流局時点で北家がノーテンならその時点で終了。

北家は飛ばないためにテンパイを取りにくるので当然の全ツ、放銃すれば終了。


こんな感じで自身がトップで終われる場面が多数存在するからです。

それを 北家を飛ばせるから だったり テンパイしてるから上がりたい などのしょうもない理由で

放銃したり無駄に危険牌を押した結果北家以外からあがって局を消化できない

という最悪の展開があるからです。

1本場になって他家に役満のテンパイが入らない保証はないですし北家のダマ満貫などに放銃する可能性もあるのでこういう場面では現物以外は打たずに北家が飛ぶのを静かに見守るのが正解だと思っています。

仮に北家がテンパイで南2局に移ったとしても自分の失点は1500~3000点で済むのでリスクを負って放銃するよりは全然いかと思います。